時々どきどきしたい(語り)

デザインという言葉はとても便利だと思う。

アーティストって言葉も。

 

どうやって生きようか考えて決断していたらそれはもう生き方をデザインしているのではないか。

アーティステックに生きています。そうか。

 

何が本物?

何が正解?

 

本物も正解も

偽物も不正解も

ない。それがその世界だと思う。

本当はとっても重たくって尊くって簡単に口にできるものではない。そう思う。

だから、

その世界でも、それでもやっぱり社会は結果だと思う

結果でしか測れない、評価できない

そう認めざる得なくなってきた

気づいてはいた、知ってはいた。でも、私は違うそう思いたかった

でもそれは悔しさだったり、人と違うと思いたかった、才能が欲しかった

維持だったし、見え張っているだけだし、それだけだった

 

私の言葉には重みがなかった

間違っていなくても薄っぺらだった

 

社会にちょっとだけど出て経験していることを話すと

同じ言葉なのに相手の顔も頷き具合も断然違う。

 

何も知らなかった、こうだろうと社会のことを悟っていた私につくれるもの

いま、悟っていたことと少しずつ肩を並べ始めた私がつくれるもの

 

全然違う。と思う。

 

自信がないとか、時間がないとか、言ったら負けだと思うようになった。

負けだ。だって、言ってしまったら。言っているその時間あったからね。

 

自分に負けること、それが一番悔しい

だから、決めた道は引き返さない。

 

自分との戦いはこんなに勝ちたいと踏ん張れるのに

他の人との戦いは難しい。

他人の決めたことに頷くだけの私はぶれぶれ。

頷くだけと決めたのも私自身なのに。

 

決めたこと

それへのこだわりは一番最初のことだけなのか

こだわりの捨て方は変え方は?

でも実際きっと変えようとしていないのもまた私自身。

変わりたくない。

大事にしたまま成長して生きたい

 

あれもこれも。

それも。

過去も。これからも。

家族も、友達も、仲間も、自分自身も。

みんなみんなみんな。

 

二頭追うものは一頭も得ず。

数え切れないほど追うものは?

でもそのどれも捕まえたいのではなく、みていたい。

捕まえたいものを見つけたい。

そんな感じかなと思う今日この頃。

 

期待してはがっかりするのは誰のことでもなく自分自身。

もしかしたら誰よりも自分のことしか考えていない

 

悪いところ探しをしているようで気持ちが悪い

優柔不断人間になっているようで嫌だ、そんなちっぽけな

 

変わりたいという葛藤

変わりたくないという葛藤

決断した約束

逃げ出したいわがまま

冷めた日差し。

 

そこから生まれる作品はどんなだろうか

それを見届けるためには

自分だけのための作品を作ることをやめてはいけない。

 

どきどきできることに悩み続ける。それだけは譲れない。

どきどきできる悩みに変えられないだろうか。

 

 

昼間なのに見える月。あかくこく染まる夜。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

不当な理由だ笑うほどに。いつものことだね。変わらないね。月が綺麗ですね。

そう言ってこころをいちばん遠いところへ連れて行った人優勝。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中